ご提供するサービス

立藤社会保険労務士事務所のご提供するサービス

立藤社会保険労務士事務所[定期的に訪問してほしい]

[顧問契約]
顧問契約先には、定期的に訪問して、お客様のニーズに合わせた幅広いサービスをご提供しています。
労務管理の方法を1から教えてほしいという会社にこそ、顧問契約をおすすめしています。
出勤簿の付け方、労働時間の考え方などの基本的なことから始め、まずは法律で求められている基準まで一緒に整えていきましょう。
また、顧問契約先には会社の状況を定期的に確認させて頂くため、タイムリーに助成金を提案することが可能です。

立藤社会保険労務士事務所 料金体系 立藤社会保険労務士事務所 お問い合わせ

 

 

 

立藤社会保険労務士事務所[会社のルールを整理したい]

[就業規則(しゅうぎょうきそく)]
就業規則は、会社や従業員が守るルールを定めたもので「会社の法律」や「会社のルールブック」などと言われます。
会社が人を雇うとき、働いてもらう時間や、支払う賃金、職場の決まりなどについてあらかじめルールを定めておく事はとても重要です。従業員が定着しない原因は、会社のルールが曖昧ないことが理由かもしれません。
「就業規則は従業員の権利を守るためのものだから作ると会社が不利になる」と考える経営者様もいらっしゃるようですが、それは誤解です。就業規則にはトラブルを未然に防止する役割があり、オリジナルの就業規則を作ることで経営者の労務管理に対する考え方を従業員に示すことも出来ます。
正社員やパートタイマーなどを含めて常時10名以上の従業員を雇っている場合、就業規則を作成し労働基準監督署に届け出る義務がありますが、常時10名未満の会社でも就業規則の作成をおすすめしています。

立藤社会保険労務士事務所 料金体系 立藤社会保険労務士事務所 お問い合わせ

 

 

 

立藤社会保険労務士事務所[助成金を提案してほしい]

[助成金のご提案]
助成金制度とは簡単に言うと、「従業員が働きやすい環境をつくる」などの一定の条件を満たせば国からお金がもらえる制度です。
銀行からの融資と違い、返済の必要がありません。
助成金の受給には、頻繁に改正される支給要件を把握し、スケジュールに沿って各種書類を作成、提出する必要があります。書類作成のタイミングがずれるだけで助成金が不支給となる事もあります。また、助成金によっては事業や雇用の実施前に計画書等の提出・認定を求める場合があるため、会社の制度や従業員の処遇の改善を考えている場合は、2~3カ月前にご相談下さい。

立藤社会保険労務士事務所 料金体系 立藤社会保険労務士事務所 お問い合わせ

 

ページ上部へ戻る